ステッキ雑学 Vol.6

◆ ステッキ 基本のき その2

●前回のステッキ雑学の続きとなりますが、
今回は、ステッキの長さについての補足と
握りの形についてご紹介しようと思います.

●ステッキの長さに関してですが、
ステッキは、通常歩く先に振り出して使いますので、
振り出した時に、ステッキを持つ反対側の足と同時か、
少しだけ早めにステッキが接地する位の長さが使い易い
長さとなります.この長さですと疲れた(または痛い)方の足と同時か
少し早めにステッキが接地しますので、疲れた足の方に掛かる体重が
ステッキの方へ分散され、疲れた方の足をかばいます.
この長さの平均値が、(身長÷2)+2~3cmということになります.

●次にステッキの握りについてですが、
形としては、L字型、U字型、T字型、ストレート型の4種類があります.
普通にステッキをお使いになるには、L字かU字が握りやすく、
振り出しやすいのでお勧めです.
T字は、握るようにステッキを持ちますので、支柱にまっすぐに
重さが掛かります.ステッキに体重を掛けることの多い方に向いています.
また、イスから立ち上がることがつらい場合、両手で持ちますと安定して
立ち上がることが出来ます.
最後に、ストレート型ですが、こちらは、お洒落用の用途が強いステッキです.
握るように持ちますが、中には、あまり実用的でないものもあります.
しかし、根強い人気があります.こちらをお選びになった方のお話で
手のつぼが刺激されるのでという方もいらっしゃいました.

以上、ステッキをお選びになる時の参考にしていただければと思います.

Posted in: ステッキ雑学

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*